血圧が低いとどうなるのか その原因や症状・対処法とは

スポンサードリンク

どのような症状が起こるのか

生活習慣病などで「高血圧は危険だから改善しましょう」とよく言われます。

 

 

血圧が高い場合の話題は多いのですが、低いとどうなるのでしょうか?

 

 

血圧が低い状態とは「低血圧」を指します血液は血管の中を流れていますが、血圧が低いというのは血管の壁を押し広げる力が弱い状態のことを言います。逆に高いのは、血液が血管壁を押す力が強い状態を言います。

 

 

血圧が低いとどうなるのか・・・

 

 

 

症状としては、めまいや立ちくらみ、全身のだるさなどがあります。また、人によっては動悸がするケースもあります。ほかにも朝、起きられない、不眠、食欲不振といった症状を訴える人もおられます。血圧が低いこと自体は病気ではありませんが、このように多くの不快な状態を感じる人が多いようです。

 

 

 

高血圧の場合は脳卒中やくも膜下出血などの脳血管疾患や心筋梗塞、動脈硬化といったの病気を引き起こすと言われています。どの病気も命にかかわるため、高血圧予防の取り組み方法などはよく紹介されています。

 

 

 

しかし、血圧が低いとどうなるかということ自体はあまり知られていません。また、立ちくらみや朝起きられないといった症状は病気とは言えないと思われているためか、あまり対策が叫ばれていません。ですが、血圧が低い人にとっては、さまざまな不快な症状を感じたり、常に体調がすっきりしないという感覚があります。健康で元気な毎日を過ごすためには、血圧が低い状態を改善すべきでしょう。

 

 

このサイトでは血圧が低い事によっておこる症状やその対処法などについて紹介していきますので参考にしてみてください

関連記事