血圧 低い アルコール

スポンサードリンク

アルコールとの関係とは

 

◎血圧が低い状態でのアルコール摂取について

 

アルコールを飲むと血圧が上がるイメージがあると思いますが、実は血圧を一時的に低い状態にする働きもあります。

 

お酒を分解する過程で出るアセトアルデヒドが、血管内を生き巡り、毛細血管を拡張させる状態から、低血圧につなげてしまいます。血管が拡張すれば血圧は下がるので、アルコールの多量の摂取のあとにくる悪寒や寒気もこれに当たります。

 

脈拍が早くなってくると、汗を書いたり、立ちくらみになったり、酔っ払ってふらつくのも この血流の流れの低下が原因になる場合があります。アルコールを飲む量は一定量に保つことをおすすめします。

 

 

■血圧を下げない程度のアルコール量

 

 

アルコールを毎日30グラム以上飲むと 悪影響をうけます。一般的な基準ですが、あまり生活のなかで 体調がよくない時や・付き合い以外の過度な摂取は避けるか、アルコール摂取する人は週に最低1日は休館日を設けましょう。

 

 

■アルコールを飲むことで引き起こす可能性

 

 

アルコールの摂取により、体内のカルシウムやカリウム・マグネシウムの値が低い状態となり、塩分をうまく排出できなくなるので、毎晩晩酌などをする方は、高血圧になりやすく、また飲酒の直後には血圧が低い状態や一定的に温度を下げるので、低血圧の原因となる毛細血管の広がりや血流の面積の広がりによって、流れる勢いが変化する為、アルコールを摂取した次の日の夜は、普段よりも血圧が低い状態になっています。

 

 

■アルコールはバランス良く摂取しましょう

 

 

だからといってアルコールを全くとってはいけない!というものではなく、健康にはお酒を全く飲まない人よりも、飲む人のほうが長寿や病気にかかりにくい方もありますので、適度な美味しいお酒の飲み方をしてください。1日30ml程なら 体には良い場合もあります。

関連記事

血圧が低いこととアルコールとの関係について関連ページ

頭痛との関係とは
起こる症状とは
冷え性との関係
飲酒との関係性とは
妊娠中の影響
眠い