血圧 低い 眠気

スポンサードリンク

眠いことと血圧が低いこととの関係とは

◎血圧が低いことと眠さについて

 

血圧が低い方には、食事後の眠気やだるさに耐えられない方が多くありますが、これらは食事の時の消化不良に原因があります。食べ物を胃に運ぶまでの血液の流れや、脳の指令が衰えることでの消化不良により、通常よりも過度な眠気を感じる場合があります。

 

脳に送り届けられる酸素の不足にも問題があります。

 

 

この場合、血管が収縮している為これらの症状に刺激を与えない食事の改善が効果的です。チーズ・バターなどの乳製品やお酒の際のおつまみ類・サラミ・ハム・ワイン・ビールなどに多く含まれる要素にも摂取量に注意が必要です。

 

 

 

 

■朝の眠さ・だるさをどうすればよいか?

 

 

血圧が低い・低体温の方の日頃の早朝の目覚めや 寒い季節での起床したくない鈍い動き・真夏の目覚めた時の気だるさなど大変な悩みになります。仕事の準備や、食事の用意なども頭がまわらないと仕事に行くまでの道中にもストレスを感じてしまいますね。

 

 

 

やはり早い帰宅と就寝・なるべくタップリとした睡眠を心懸ける事が大切です。

 

 

例えば 残業やうたた寝などからお風呂が遅くなったり、髪を乾かす時間などで睡眠時間が取れない場合でも、できるだけ 数日続いた場合には 1日挟んで しっかりと眠る日程を取るようにしてみましょう。一旦覚えた不規則なサイクルは慣れてしまう場合もあるので、自分でしっかりと戻してあげるようにしてください。

 

 

 

朝 軽い運動をする時間があると効果的ですが なかなか続けられない・朝は無理があるかたは、起きたあとの洗顔・歯磨きの際に軽い足腰の体操や腕の伸びなどを数回心行うだけでも良いので、自分にできる動きを1つだけでも 毎日続けることから始めると、自然と体に刺激と解放が与えられるはずです。

関連記事