血圧が低いとどのような症状が出るのか

スポンサードリンク

どのような症状が起こるのか

 

血圧は高すぎると問題ですが、低い状態でも体に様々な不調をきたします。

 

一般的に低血圧と呼ばれる症状は、頭痛や頭が重い、立ちくらみを起こす、めまいがする、不眠気味、集中力が続かない、倦怠感、動機や息切れ、下痢や便秘、胸やけ、脈の鼓動が早い、朝起きるのが辛い、首や肩のこりなどがあります。

 

 

これらの症状は大抵の場合、いくつかを同時に発症します。血圧が低い人の特徴は、朝から午前中いっぱいは不調が続くというものです。そのため、ほとんどの人は午後や夕方になると体調も戻るのです。

 

 

 

例えば、朝が起きられないという症状に悩まされている場合、症状が重くなるとまったく起きられなくなります。周囲からはやる気がないと見られてしまうのですが、本人にとっては深刻な状態なのです。起きられずに会社を休んでしまっても、午後になると体調も回復するので、「明日から頑張ろう!」という気持ちになります。

 

 

 

しかし、次の朝になるとまた起きられない……。これの繰り返しになってしまうのです。そうしていくうちに会社にも居づらくなり、退社してしまうなどということにも繋がります。ましてや現在では能力主義の時代ですから、やる気がみられないと判断されれば容赦なく切り捨てられてしまいます。血圧の低いことが原因なのにこれではあまりにも理不尽です。

 

 

 

こうしたことに心当たりがある場合、まずは低血圧の症状を疑ってみましょう。規則正しい生活を心がけ、栄養豊富な食事を摂るようにし、適度な運動を取り入れれば必ず改善されていきます。もし深刻なようであれば、病院で薬を処方してもくれます。ただ悩んでいるだけでは何も解決しません。まずは改善しようとする努力から始めてみましょう。

関連記事