血圧が低いことと飲酒との関係性とは

スポンサードリンク

飲酒との関係性とは

血圧の低い人にとって、様々な症状に悩まされる日々はまさに深刻そのものです。

 

 

頭痛やめまい、朝が起きられない、下痢や便秘、脈が速い、動悸や息切れなど、こういった症状が日常的に続いてしまうと、半分諦めの境地に達してしまうかもしれません。命に関わるような病気ではないため、頭痛がすれば痛み止めを飲むなどして、対症的に抑え込む場合がほとんどです。

 

 

しかし、それでは血圧の低い状態から脱することはできません。

 

努力して改善しようと思えば必ず改善できるのです。もしかしたら、普段の生活の中でそういった状態を自ら作り出しているかもしれません。そのひとつが飲酒なのです。

 

 

アルコールのイメージというと、血圧が上がるというイメージがありますが、飲酒することで血管が広がって血圧そのものは下がる傾向にあります。もともと低い人がアルコールを摂取すれば、さらに低くなるという悪循環を招くのです。完全にアルコールを絶てとまでは言いませんが、普段摂取する量をある程度で押さえておく必要があることだけは知っておきましょう。

 

 

特に、朝が起きられないという人は寝る前などの飲酒は控えることをおススメします。もし飲むのであれば、休日の前夜などに飲むように心掛けてみましょう。夏場などはビールの美味しい季節でもありますが、気温が高い季節も血管が広がって血圧が低くなりやすくなります。そこにアルコールを摂取すればダブルパンチを加えてしまうようなものですから、さらに注意が必要になります。

関連記事