血圧が低い事と塩分との関係性とは

スポンサードリンク

塩分と血圧が低い状態になることとの関係とは

 

低血圧になるのは様々な原因がありますが、そのうちのひとつに塩分があります。

 

 

塩分は摂りすぎると高血圧の原因となりますが、不足すると逆の症状を招いてしまう恐れがあるのです。人が生きていく上で重要なものは、水と塩です。水分は血管を通じて他の栄養素と一緒に体内に供給されていきますが、水分が血管に効率よく吸収されるためには塩分が必要不可欠なのです。ちなみによく目にする食塩は塩化ナトリウムです。塩化ナトリウムは塩とは違うので注意が必要です。

 

 

高血圧というのは、この塩化ナトリウムによって引き起こされるので知っておいて損はありません。また、腎臓の機能が正常でれば、余分な塩分も排泄されることが知られていますから、そういったことも豆知識として覚えておきましょう。

 

 

 

血圧の低い人にとって塩を摂取することは重要だとはいっても、むやみに摂取するのは避けましょう。あくまでも適度な摂取にとどめておくことも大切です。塩を取らないでいることは水分の吸収率の悪化を招き、結果的に血流の減少を招きます。血流量の減少が、血圧の低い状態へと繋がるのです。

 

 

 

時代の波は減塩の方向へと流れていますが、こと血圧が低い人に限っては逆に増塩を意識した方が良さそうです。味噌汁や漬物、それに焼き魚など、昔ながらの和食には適度な塩分が含まれていますから、今一度食生活を見直してみるというのも必要なことです。何も特別なことをする必要もなく、生活習慣の見直しによって症状が改善されることも多々あります。

関連記事

血圧が低い事と塩分との関係性とは関連ページ

危険なこととは
病気との関係とは
数値とは
高齢者に与える影響とは