汗と血圧が低い事との関係性について

スポンサードリンク

汗と低血圧との関係とは

 

血圧が低い人は、朝起きるときから午前中いっぱいは様々な症状に悩まされます。

 

病気はないため、すぐに命の危険があるというわけではありませんから、とにかく朝頑張って起床し、頭痛でもめまいでも午前中我慢すればなんとかなります。とはいえ、毎日それを繰り返すのは大変です。おそらく血圧の低い人は、もううんざりするほど我慢を重ねているはずです。

 

 

実は、血圧の低い状態を改善するのにもっとも身近な方法があります。

 

 

それは「水分摂取」です。ご存知のように、血流と水分は非常に密接な関係にあります。血管内の水分が不足すると必然的に血管内の圧力も下がります。圧力を上げるには、血液中の水分量をアップしてあげればいいわけです。朝起きてからコップ一杯の水を飲むだけで、随分と症状が和らぐこともあります。

 

 

また夏場などの暑い時期は、体温調節のために血管も自然に拡張し、血圧も低めになりがちです。ましてやそれに伴って汗をかきますから、血液中の水分はどんどん失われていきます。血管の拡張に加えて汗で水分が出されていくわけですから、血管内の圧力は下がる一方なのです。

 

 

あまり汗をかきたくない、トイレが近くなるから、などと言って水分を控える人もいますが、それは体にとってダメージの大きい行為です。朝の水に加えて、日中でも汗によって失われた水分をこまめに補給してあげることが大切です。夏場であれば、せめて1リットルから2リットル程度の水分を補給するように心掛けたいものです。

関連記事

汗と血圧が低い事との関係性について関連ページ

食べ物で対応
改善する方法