血圧 低い 原因

スポンサードリンク

原因とは

 

◎血圧の低さの原因

 

血圧が低い状態でのの症状には、めまい・頭痛・肩こり・耳鳴り・不眠・胃もたれや吐き気・また発汗や動機・不動脈・・・と、永遠と続く呼吸などの衰えや・精神的な圧迫の重圧がかかってくる恐れがあります。

 

 

高血圧に比べて 低血圧のかたへの改善方法は 日本では比較的少ないのと、診断によっては症状からの慢性化を病気の原因として判断してくれない場合もある為、血圧が低い方にとってはそのプレッシャーや改善方法のストレスを考え、基本的な原因を改善する事が大切となります。

 

 

■血の巡りを改善する

 

 

一般的な低血圧の方には 脚や手の冷え・腰の痛みなどが多くかんじられ、その原因には血液の循環が悪くなることが問題になります。

 

 

血液の循環がうまく働かなくなると、しいては心臓への負担が大きくなり、むくみの原因にもなります。

 

 

■血の巡りを良くするために運動を

 

 

ふくらはぎを鍛える事で血の循環の改善が大きくなります。階段の昇り降り。腰痛に方には1日数分の散歩やお風呂上がりの脚の運動が大切になります。

 

 

■低血圧と貧血は違う

 

 

低血圧になると いろんな症状を引き起こすのですが、基本的には低血圧と貧血とは違う症状が起こる場合があります。貧血は、酸素を運ぶ赤血球の中で酸素と結合する、ヘモグロビンが少ない状態の事をいいます。

 

低血圧は、文字とおりに血圧が低くなるため、体内の血液を送る圧力のちからが弱くなる事で起こる症状を示します。

 

 

 

■低血圧予防には食事の改善を

 

 

やはり低血圧の方には冷たい食べ物や・甘い食べ物、飲み物はなるべく減らすように心がけましょう。白砂糖をはちみつや黒糖・サトウキビ砂糖などに変えてみたり、温かい飲み物で身体を温める習慣をつけるようにしましょう。

 

なお、お酒の飲み過ぎにも注意してください。

関連記事